明治〜昭和初期の地形図が残ってた! 当時の津市の様子がわかるぞ!

スタンフォード大学が、大日本帝国陸軍測量部作成の5万分の1日本地形図をデジタル化して公開しています。

 

地図マニアには壮大なご褒美です。もちろん三重県津市も載っています。

市街地の規模は今と違うし、昔の地名なども残っていて興味深いですね。

 

以下のリンクから見ることができます。

http://stanford.maps.arcgis.com/apps/SimpleViewer/index.html?appid=733446cc5a314ddf85c59ecc10321b41

この記事をシェアする
つのことをフォロー/いいね!する
        

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

2 Comments

  1. アバター

    通行人

    このリンク先の地図なのですが、
    中勢バイパスが既にありますね。
    中勢バイパスは昭和後期に共用とありましたので、
    平成元年以降じゃないですかね。

  2. アバター

    通行人

    恐らく、道路は2016年現在のもので、
    地形が当時のものなんでしょうね。
    中勢バイパスが河芸〜白子間がつながってなかったので
    そう考えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です